NDIR方式のCO2センサ・CO2センサモジュールのエキスパート。
センスエア社製品・校正サービスは日本で唯一株式会社サカキコーポレーションが提供します。

SenseAir

SAKAKI CORPORATION

きのこ農業

きのこ農業

きのこ農場のCO2測定事例。
きのこ農場での発育周期は約13週間で、7段階の発育段階があります。まず初めに、堆肥を作り、熱します。3段階目で、堆肥はきのこ菌糸と混ぜられ、トレーに置かれます。トレーはピート層でケーシングされます。第5段階で、初めてきのこが発芽し、発育段階が終わると、手摘みされ、計量します。収穫後、堆肥は例えばガーデン用のマルチ(根覆い)として再利用されます。

■良質なきのこ育成 ■発育段階の調整 ■コストの削減

なぜきのこ農場でCO2の測定をするのか?

きのこ農場での栽培では、空気中の二酸化炭素の値が非常に重要です。CO2濃度の測定によって、発育に最適なペースを調整できます。異なるCO2の値はまた、異なる方法できのこを培養します。特定の濃度のCO2の値は傘の広いきのこを育て、その他はより背の高いきのこを育てます。

きのこの発育中は、異なる発育段階に応じて、温度と湿度も管理する必要があります。CO2、温度、湿度の値はきのこの種類によって異なります。

CO2はどのように作用するのか?

CO2は菌類の代謝に必要で、食用菌類の品質の高さ、歩留まり(例えばボタンマッシュルーム)を決める最も大切な要素の一つです。きのこ菌糸は成長期の間、高濃度(10,000~20,000ppm)の二酸化炭素が必要です。

きのこの成長が目に見えてわかるようになると、800~1,500ppmのCO2濃度が成長や発達にとって最適です。しかし、菌類の種類や成長段階により違いがあります。

詳細は菌糸体の生産者によって示されています。一般的に、800ppm以下のCO2濃度では菌糸は小さすぎて数が非常に多くなり過ぎます。2,000ppm以上では、きのこの品質が低下します(軸は長過ぎ、傘は小さ過ぎます)。4,000~5,000ppmのCO2濃度では成長が抑制されます5,000ppm以上のCO2濃度になると、新しい菌糸体が生育し始めます。

コストの削減

品質条件を満たさないきのこは破棄されます。空気中のCO2濃度を管理しないと品質の歩留まりが低下します。従って、CO2によって成長を管理することは費用効果を高めます。きのこの成長過程をより良く管理すれば、その過程を維持するためのリソースはより少なくてすみます。

品質条件を満たさないきのこは破棄されます。空気中のCO2濃度を管理しないと品質の歩留まりが低下します。従って、CO2によって成長を管理することは費用効果を高めます。きのこの成長過程をより良く管理すれば、その過程を維持するためのリソースはより少なくてすみます。