NDIR方式のCO2センサ・CO2センサモジュールのエキスパート。
センスエア社製品・校正サービスは日本で唯一株式会社サカキコーポレーションが提供します。

SenseAir

SAKAKI CORPORATION

インキュベータ

インキュベータ

インキュベータのCO2測定事例。
インキュベータは、その中で、微生物を植付けられた媒体が、それら微生物の成長に好ましい一定の温度で培養される器具と説明できます。インキュベータ内のCO2を管理することには大きな利益があります。

■微生物の成長の管理  ■高精度の高い研究や調査

なぜ恒温器でCO2の測定をするのか?

インキュベータは生物学、微生物学、医学、一般研究、獣医学分野の活動に使われます。また、薬学、生命工学、食品や化粧品産業での品質管理にも利用されます。

インキュベータは温度や二酸化炭素(CO2)や酸素などのガスの濃度を一定に保つことができます。これは、調査研究において、測定の誤差をできるだけ少なくし、できるだけ高い精度を得るために不可欠な安定した環境を作り出します。ウイルスやバクテリアが成長・繁殖した場合それを可能にする雰囲気の測定値を知ることが非常に重要になります。微生物を殺さないために、生育過程のガス濃度を変えることもインキュベータに要求される場合があります。

CO2はどのように作用するのか?

インキュベータは外の世界から遮断される空間です。インキュベータの外部の環境はどのようなものであるかに関わりなく内部の環境を完全に管理することが可能です。

最適な細胞の状態を得るためには、正しい温度、湿度、CO2濃度が必要です。

インキュベータ内の環境が調整出来れば、求める研究結果を得るために、研究・調査対象の物質を(他の物から区別的に)冷凍や乾燥、抑制することも可能です。

コスト削減

CO2を含む安定した環境により、このアプリケーションでは、よりよい生育過程の管理が可能で、育成過程をより速くし、より高い精度を達成できます。

研究・調査を誰かが統率することにおって、得られる測定価値は高精度です。その結果、研究はより信頼出来るものになります。