NDIR方式のCO2センサ・CO2センサモジュールのエキスパート。
センスエア社製品・校正サービスは日本で唯一株式会社サカキコーポレーションが提供します。

SenseAir

SAKAKI CORPORATION

カプノメトリー

カプノメトリー

カプノメトリーのCO2測定事例。
患者が呼吸困難に関わる健康状態にあるとき、CO2の測定によって可能な呼吸周期を調べることが役立ちます。これらの測定は、患者に対する適時、適格な治療と、より短い回復時間につながります。これに加えて、カプノメタリーがもたらした最も重要な改善点は死亡者数の低減です。 

■スタッフの少人数化  ■病院での死亡者数の低減  ■回復時間の短縮  ■患者一人当たり、時間当りのコストの短縮  ■安全な治療  ■患者個別の治療

なぜ病院でCO2の測定をするのか?

カプノメトリー(CO2の測定)で患者を監視すると、患者が自分自身で呼吸できるか、人工呼吸器が必要かを決定することが容易であるため、必要なスタッフの数は少なくなります。この状況は、患者を常に人的に監視する必要がないためスタッフの低減につながります。

回復時間の短縮はCO2測定装置を使用することで実現します。患者に何をどの程度追加するかのより質の高い情報は、患者の出来る限り早い回復につながりります。

病院での死亡者数の減少

カプノメトリーの精度がケースバイケースでの助けになるため、各患者個別の治療が可能です。このことは、患者にとっても同様により良い治療につながります。

誤った調剤は、重病または脆弱な人にとっては致命的なため、医療の精度は早期回復のみならず、医療ケアにとっても極めて重要になる可能性があります。従って、各患者個別の治療はカプノメトリー(CO2の測定)が始まって以来の大きな改善です。

患者が早期に健康になると、入院期間の短縮につながり、ひいては、病院と患者双方の費用の低減につながります。回復時間が短縮すれば、健康な人々の数は増加します。職場に復帰する人々が増えるため有益です。

ヨーロッパの病院はどのような状況か?

欧州における要約では、循環器疾患および癌に続いて呼吸器疾患は欧州連合27か国内の死亡の3番目に高い一般的な死因で、2010年の100,000人の住民あたり、平均41.2人の死亡者が出ています。これらの病気の中で、慢性の低呼吸疾患は、肺炎よりも上位の最も一般的な死亡原因です。呼吸器疾患には加齢が関係しており、これらの病気が記録されて以来、65歳以上の死亡の大多数を占めています。

EU加盟国の呼吸器疾患の高死亡率は、英国(67.7)、デンマーク(66.5、2009年)、アイルランド共和国(60.3)、ベルギー(60.2)と記録されています。