NDIR方式のCO2センサ・CO2センサモジュールのエキスパート。
センスエア社製品・校正サービスは日本で唯一株式会社サカキコーポレーションが提供します。

SenseAir

SAKAKI CORPORATION

煙道ガス

煙道ガス

煙道ガスのCO2測定事例。
エネルギーの最適化は出来る限り運営費を抑え、同時に最善の方法で環境のためにもなることが非常に重要です。そのための一つの方法は、家庭用の過熱システム同様、大型発電所、ごみ焼却機の燃焼プロセスを制御するための排出ガスの監視です。化石燃料を燃やすと煙道ガスのほとんどがCO2です。

■最適化された燃焼  ■危険な排気ガスの減少  ■エネルギーとコストの削減  ■廃棄物やごみ等様々な燃料のより容易な燃焼の管理

なぜ煙道ガスのCO2の測定をするのか?

廃棄物は主にごみの体積を減らすために燃やされますが、今は燃焼中に放出されたエネルギーも利用します。ごみの正確な構成物を予測することはもちろん容易ではありません。炭化水素のような従来の燃料もその質は様々なので、継続的な排ガス測定センサと制御システムが必要となります。

二酸化炭素の濃度を測定することによって、最適なエネルギー抽出を得るプロセスの管理が可能になり、それは燃料が様々に異なる比率の可燃性物質を含み得ることを考える上で重要です。

CO2はどのように作用するのか?

煙道ガスはサンプルプローブを使用して抽出されます。次にガスはサンプリングラインを通って、水分が除去された分析器内に装備された冷却装置に運ばれます。乾燥して冷やされた試料ガスは、一対のセンサで構成される測定システムに向けられる前に、微粒子を取り除くため、ろ過されます。それぞれのセンサには試料ガスと試料空気が交互に送り込まれます。センサは特定のガス成分に比例した電気出力を発生します。

このアプリケーションの測定を複雑にするものは、センサが設置される環境です。主な問題はセンサが高温、高湿、腐食性の周囲環境にさらされることです。そのため、環境に対して安定した計測装置が必要です。また、例えば、技術者が暖房システムの点検のために個人宅を訪問する場合などには、ポータブル機器を活用することも出来ます。

コスト削減

このCO2測定のアプリケーションは多くの恩恵を提供します。エネルギーの節約になるため、費用の節約にもなり、環境にもプラス効果を与えます。これらは、煙道ガスのCO2濃度の測定によって得られた、最適化された燃焼の恩恵です。

このアプリケーションは安全性と信頼性も向上させます。そのことが人々にこの種の計測システムの設置を選ばせる極めて重要な要因になり得ます。安全で危険性の少ない排気ガスはCOやCO2中毒、その他の危険なガスに苦しむ人が少なくなる利益につながります。これは社会の健康管理のコスト削減にも役立ちます。廃棄物やごみなど、通常大きな環境問題になる様々な燃料の燃焼を管理することも容易になります。