NDIR方式のCO2センサ・CO2センサモジュールのエキスパート。
センスエア社製品・校正サービスは日本で唯一株式会社サカキコーポレーションが提供します。

SenseAir

SAKAKI CORPORATION

養鶏場

養鶏場

養鶏場のCO2測定事例。
鶏の卵の孵化には約21日かかり、順調に孵化させるためには、その期間の周囲環境を管理することが極めて重要です。孵卵場は雛を食用若鶏または産卵鶏に生育させます。養鶏場から供給される食用若鶏は世界的に最も消費されます。

■飼育スタッフの削減  ■孵化プロセスの損失の減少  ■より効率的で、費用効果が高い孵化プロセス  ■迅速、簡単、人道的な畜殺処理  ■貯蔵寿命の延長

なぜ養鶏場でCO2の測定をするのか?

・全ての卵がほぼ同時期に孵化するおかげで、少人数のスタッフで育種場を運営できます。出荷計画もより簡単で、一度に何羽を輸送出来るか承知出来ます。この結果、運営コストや輸送コストが低減できます。

・輸送中に死亡する鳥を減らして出荷毎により利益を生み出し、飼料の損失を減少させます。

・飼料の量や作業時間を少なくし、より効率的で安価な給餌オプションを提供します。

・CO2の使用による、迅速で簡単な畜殺処理。鶏に不必要な苦しみを与えません。

・CO2を利用した包装方法により、スーパーマーケットや購入した顧客のもとで、食物はより長もちします。このことは賞味期限切れで廃棄する食品の減少を意味します。

CO2はどのように作用するのか?

受精卵は、チャンバーや機械に入れられ、卵がどの発育段階かによってCO2の含有量を調整します。生存している卵はCO2を発生させます。(100%全ての卵が生存しているというわけではありません)。そのことは、常にCO2のレベルを監視する必要があることを意味します。胚発育の間、CO2の供給は健康上良い効果を与えることができます。

発達過程の鶏のCO2の管理は、より管理された孵化時間につながります。この理由は卵の中のCO2濃度の上昇で、十分に成長した鶏は殻から孵り始めます。このとき、酸素が供給されます。卵が孵化すると、運送中も成長を続けられる大きなトラックに送り出されされます。

トラックの中で健康な状態を維持して過ごすために、旅程中CO2は管理されます。鳥の代謝は高濃度のCO2において、ゆっくり働くことが確認されています。つまり、高濃度CO2によって若鶏や産卵鶏を育てる時間と餌をが節約できます。これによって、関連する会社の生産コストを下げ、また鶏の単位重量あたりの飼料量を低減し、持続可能性を高めます。

鶏は数秒間程度の高濃度のCO2を使用して食肉加工されます。この方法は電撃による屠殺よりも人道性があります。CO2を使用する改良された雰囲気処理により、食用鶏の持続可能性は20%上昇します。