NDIR方式のCO2センサ・CO2センサモジュールのエキスパート。
センスエア社製品・校正サービスは日本で唯一株式会社サカキコーポレーションが提供します。

SenseAir

SAKAKI CORPORATION

ビールとソーダ

ビールとソーダ

ビールとソーダのCO2測定事例。
ソーダ飲料を飲むとき、味をより新鮮にするための炭酸(H2CO2を得るために、醸造所でCO2がソーダやミネラルウォーターに加えられます。炭酸化のその他の良い効果は、飲料の中に細菌が発生するリスクを減らすことです。二酸化炭素は飲料の味や香りに影響を与えないため、例えばレストランやバーで、ビールやソーダの推進剤ガスとしても使用されます。現在では醸造所の発酵の過程で形成される2は炭酸清涼飲料水の製造で使用されます。

■人的安全 ■経済的節約

なぜレストランでCO2の測定をするのか?

2011年にアメリカ合衆国のレストランで一人の女性が亡くなりました。同じレストランのトイレを使用した9名も、二酸化炭素の漏洩により病院に運ばれました。CO2は重質ガスでトイレは建物の低い位置にあり、そのためガスが充満します。

CO2は感覚で見つけることが難しく、そのために高濃度になるリスクがある場所はどこでもガスの測定をすることが大切です。

CO2はどのように作用するのか?

屋内で推奨されるCO2濃度は約800から1,000ppmです。少し高い濃度になると頭痛が起こることがあり、80,000ppmまで到達すると、痙攣と即時の麻痺が起こり、最悪の場合は死をもたらすこともあります。

継続的な空気の測定と、醸造所、パブやレストランでの迅速な警報によって、大きな危険は起こりません。人々に安心感を与え、漏出の可能性で悩む必要を無くす、このような警報器は高価なものであってはなりません。

 

コスト削減

CO2の測定により二酸化炭素中毒で病院に入る人がほとんどいなくなり、政府が税を節約することを助けします。

大きな事故は会社にとって大きなコストがかかる可能性があります。この例のレストランでは、警察が大惨事の原因の徹底的な調査中は営業停止にしなければいけませんでした。いうまでもなく時間もお金も評判も失います。政府は事故が犯罪か否かを調査するために調査費用を費やす必要があります。全てにおいて多額の費用を要し、もしCO2センサを設置していれば完全に防ぐことが出来ます