NDIR方式のCO2センサ・CO2センサモジュールのエキスパート。
センスエア社製品・校正サービスは日本で唯一株式会社サカキコーポレーションが提供します。

SenseAir

SAKAKI CORPORATION

安全警報

安全警報

安全警報のCO2測定事例。
私たちは日々、潜在的に致命的なシナリオになり兼ねない多くの状況を経験します。一般的に、二酸化炭素ガスは人には害がなく、環境にのみ害があると考えられいますが、高濃度のCO2は致命的で、無臭で無色のため、検知することが非常に困難です。

■省エネルギー  ■健康な屋内環境  ■環境保護

なぜ事故を防ぐためにCO2測定をするのか?

空気中のCO2濃度の測定は、火災をより速やかに、煙や炎の発見よりも正確に、検知することができます。初期段階で警報を鳴らすことは、煙中で呼吸をした時に人体に生じ得る被害を防ぐには、極めて重要な場合があります。通常、煙はすすや窒息性ガスで構成されています。

 

人々が鉱山で安全に仕事をするために、取り組まなければならない様々な課題があります。その一つは、潜在的に有毒で爆発性のある多くのガスがあるため、鉱山での換気です。もし換気が不十分な場合、CO2は重質ガスで鉱山は通常限られた空間のため、二酸化炭素中毒になる可能性があります。全ての区域で作業者が携帯警報器を携行してCO2を測定することにより、危険な高濃度のCO2を遅れなく検出することができます。

 

灯油暖房機器(ストーブ、ファンヒータ)を狭く窮屈な部屋で使用していて、もしCO2濃度が上がり過ぎると、大きな危険になる可能性があります。二酸化炭素のレベルが危険な、例えば7,000ppm以上になると、自動的に暖房機器を切る小型警報器センサがあります。類似した技術・方法は通気孔のないガスの薪またはアルコール燃料式暖炉にも使えます。

 

大型CO2タンクを使用する会社にとって、安全性を高め、ガスの漏出に即座に反応が出来る探知器は不可欠です。ガスを測定することで、時間と費用の節約になり、従業員に安全な職場環境を提供します。CO2を監視することで、環境もまた無防備なボトルや漏出から大気中に大量のCO2が漏出する可能性から保護されます。

 

乗り物内の空気の量には制限があり、場合によっては、高濃度のCO2の増加を導くこともあります。高濃度ガスは、重大な交通事故に繋がる可能性のある搭乗者の眠気の原因になります。これは、乗り物のエアコンに繋がるCO2を測定して、ドライバーにとって健康な空気に調節することによって回避できます。

 

心地良く効率的に仕事をするために、適切な換気は極めて重要です。適切な換気はCO2濃度を測定することで達成できます。例えば、教室では生徒の行動の様態は変化するので、換気はその変化に適応させる必要があります。センサーが高濃度のCO2を検出すると、自動的に警報が鳴り、空調を調整します。