NDIR方式のCO2センサ・CO2センサモジュールのエキスパート。
センスエア社製品・校正サービスは日本で唯一株式会社サカキコーポレーションが提供します。

SenseAir

SAKAKI CORPORATION

車内空気

車内空気

車内空気のCO2測定事例。
車内空気のCO2測定として、乗車人数が一杯になった車内のCO2はすぐに高水準に達します。CO2の増加は、身体的症状を知覚するまで気づかない眠気を引き起こします。列車、バス、飛行機などの乗り物にも同じような問題が起こります。乗り物の車内のCO2濃度を測定する既存のセンサがあります。このCO2センサによる測定は車載エアコンシステムの効率を上げ、ひいてはエネルギー使用を削減します。

●健康な車内空気環境 ●省エネルギー ●明確な環境保護効果 ●ドライバーの眠気のリスクの減少

なぜ車内のCO2測定をするか?

自動車、地下鉄の車両、飛行機の客室は次第に密閉されます。乗り物のCO2濃度は車内の人数により変化します。例えば満員の車中では、無人の車内と比較すると、より早く危険な状態に達します。そのために換気が必要です。

高水準のCO2は疲労感や危険を伴う集中力の欠如を引き起こすことがあります。ドライバーが眠りに落ちると、状況は非常に深刻になります。乗り物の健康な車内環境を守るためにも換気は必要です。狭い車内空間でさえも1m3あたり多くの人が乗車できます。悪質な空気質はウイルス、細菌、その他の小さい微粒子を吸い込む可能性を高めます。

フロンガスやアンモニアは、特に自動車において、最も頻繁に使用される冷媒システムです。しかしながら、近年不燃性で、環境に及ぼす害がほとんどないためCO2がより望ましくなってきています。もちろん、どんなガス漏れも早く発見しなければなりませんが。

 

CO2はどのように作用するのか?

無人の車内のCO2濃度は約400ppmです(通常の屋外の濃度)。自動車、飛行機、地下鉄、列車のCO2濃度は乗車人数が一人増える毎に上昇します。そのため、デマンドコントロール換気システムを使用することは最も効率的です。

 

044

 

つまり、センサが絶えずCO2濃度を測定し、調節のために、換気レベルを変更させる換気システムに信号を送るというコントロールです。

コスト削減

連続的な換気の必要がなくなった結果、デマンドコントロール換気システムは乗り物のエネルギーを節約します。エンジニアは、最大の冷却モードで空調システムが動作している場合、最高10%の燃料節約を試算しています。これは金銭面でも環境面でも節約をもたらします。

良く管理された換気はまた、空気を健康的にし、二酸化炭素中毒や喘息のような他の空気質に関係する病気で入院や通院しなくても良いという点で、経済的な節約にもなります。眠気により引き起こされた交通事故が減ることで事故により破滅させられ得る人、道、建物等への損害もまた減少します。