NDIR方式のCO2センサ・CO2センサモジュールのエキスパート。
センスエア社製品・校正サービスは日本で唯一株式会社サカキコーポレーションが提供します。

SenseAir

SAKAKI CORPORATION

食品輸送と保管

食品輸送と保管

食品輸送と保管のCO2測定事例。
食品包装におけるガス濃度の調査は1930年代から行われています。食品包装環境内で環境を取り巻くガス、湿度、温度を制御することで、熟成過程を遅れさせることが出来ることが証明されています。現在は腐敗を制御し、病原体を防ぐことも可能です。

■より効率的で経済的 ■サプライチェーンの損失を減少 ■風味の向上 ■貯蔵寿命の延長 ■製品の品質向上 ■薬剤散布の必要性の減少

なぜ輸送機関でCO2の測定をするのか?

食品は制御された条件の下で、長時間新鮮な状態で、風味を保っています。このことが、食品の損失を減らし、最少量のエネルギーでより多くの食品を得ることにつながります。

食品は制御された環境で、長時間輸送されることがあります。新鮮な食品のみを輸送すれば、コストのかかる冷凍や解凍の過程は必要なく、確かな環境利点があります。発育・成熟過程を制御することで、小売店や貯蔵場所での食品廃棄の総量は減ります。食品の生産者もまたサプライチェーンの損失が減るため、ガス濃度の測定により利益を受けます。

食品の保存寿命を延ばすCO2制御包装方法を利用することで、CO2制御されていない包装食品の短い賞味期限のために破棄する食品の量が減少します。温度と大気中のガス濃度を調整することで、化学薬品使わずに、熟成過程を鈍化させることができます。

CO2はどのように作用するのか?

CO2のレベルの増加が植物の成熟速度を遅らせる理由は、このガスが植物のエチレンの形成を抑制するからです。

濃度の低いエチレンガスは植物の成熟速度に異なる程度に影響を与えます。エチレン濃度はまた気温にも依存します。つまり、もし気温が低ければ、必要とされるエチレンは低濃度です。

わずかに1~3%の酸素レベルが腐敗を引き起こす微生物を滅ぼします。

アデル・カデル氏のレポートの記述によると、1%の酸素と混合された60%の二酸化炭素レベルは、トロピカルフルーツの葉や茎にいる昆虫を殺虫するのに効果的であるとされています。

食品温度(℃)相対湿度(%)O2(%)CO2(%)エチレンの産出度
エチレンに対する影響度
バナナ12-1585-1002-53-5
もやし090-98515
トマト(赤・緑)12-2090-983-53-5
きゅうり8-1290-953-50++
レタス0-5952-50++
唐辛子8-1290-953-52
グレープフルーツ10-1585-903-105-10
0-5901-25+++
りんご0-5902-31-2+++
いちご0-590-951015-20